建築の知っているようで知らない情報をお届けしています。
当サイト「よくわかる建築ナビゲーター」を参考にして是非とも適切なケアをしてください。

明治時代に英語のArchitectureの訳語としてつくられたもの。ですけど、家屋=住宅や多種多様な建物だけででではなく、もちろん法的には高層オフィスビルや工場などの大型な建物も「建築物」として扱われる。

また、その建物やその技術・技法。明治時代には「造家学(ぞうかがく)」という学問があったのですが、それから、築地本願寺などを設計した伊東忠太が、より本来の意味に訳語として「建築学」に改めたという経緯があげられます。

造家=家を造る、というと「家づくり」とイメージしやすいそのためね。「注文?」「木造?」](大辞林より)。

当初は「造家(ぞうか)」と訳されていました。その為、ぜんぜんの建物のことを建築と呼ぶと考えて間違いないでしょう。

この明治時代に生まれた建築というコトバが現在まで使われていているのです。建築は現在の国語辞典的な意味合いでは[家屋などの建物を、土台からつく上げること。

しかしていながら、その意味をはっきりといえる人は多くなくなりましてしまったのでは?建築というコトバは古くありません。普段、何気なく使っている「建築」というコトバ。




おすすめの記事

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31